12月7日林道へ

0
    日曜日晴れ。年末が迫ってきております。今年やり残したことはないですか。
    知り合いのブログをまねて、五百円玉をビンに集めて貯金をし始めた。
    高級品ではあるが一生物といえるような良い自転車が欲しくなっため。
    ちらちらと財布の小銭入れを確認したり、コンビニでもわざとお釣りが出るような支払いをして
    日々努力はしているが、今のペースだと購入できるのは20年後と予想される。
    そのときになったら歳取って足腰も弱ってるだろうし、あせらずに楽しみをとっておこう。
    独り身で給料自由に使う散財グセがついているから、衝動買いを我慢して貯金グセがつけばいいなと思う。
    でも暖かい日が続くと街にも自転車乗りが増えて、やっぱりすぐに欲しくなるんです。
    ビンの中身を年末ジャンボ宝くじに換えようかどうか迷う、全く学ばない男。
    ホンダCL72
    天気もおだやかな一日。バッテリーも回復したので二輪で出動しますか。
    バンナ公園の横にある小道に入り、万勢山林道をどんどん行く。
    この道は一方通行だし舗装もきれいなので、ホンダCLでもイケイケゴーゴーなのだが
    散歩している人はみな反対から向かってくるので注意しながら進む。
    初めて行く道は冒険気分でわくわくしますね〜昔テレビでやってた川口探検隊を思い出します。
    石垣天文台
    何か白いザルが見えたと思ったら山頂には石垣天文台があった。
    建物の奥には芝生があってここからの展望は素晴らしい。風の中しばらくぼーっとした。
    土日祝日は星空観測会をやっているので、誰か誘ってまた来よう。夜景も良いはずだフフ。
    ドラムブレーキが熱々にならないように注意しながら、山道を下る。
    冬なのにオレンジや真っ青な蝶々が飛び交い、網目タイツの柄をしたヤシの木が生えていた。
    暮れなずむ
    夕方は近所の港まで歩いていって、ルアーを投げてみる。
    空の青と夕日の赤が混ざり合うこの時間が好き。早朝の日の出も良いですよね。
    大学のとき第二外国語はフランス語を選択したが、授業はフランス映画が教材だった。
    題名忘れたが、主人公の女が遠く離れた友人の家へ泊まり行くという内容。
    友人が良いもの見せてあげると言って夜が明け、一緒に朝焼けを見ようと連れ出す。
    「この時間が一番好きなの」とフランス語で言っていた。
    それを見て、そうそうフランス人よーお前もか!といたく同感したのを思い出した。
    でも暗いうちから友人に起こされた主人公にとっては、ただ迷惑なことですが。
    いい奴なんだけどおせっかいな人いますよね。自分も空振ってばかりなので、気持ちはよく分かる。
    この時間は潮引いて釣れそうな気配がまったくしないが、本日も釣果ゼロだった。
    ただ海に向かってロッドを空振る、休日の終わり。

    11月23日ハーレー親子

    0
      日曜日晴れ。羽毛布団が暑かったらしく蹴飛ばして寝ていたため、風邪気味になる。
      「船が遭難して、南の無人島で生活をはじめる一家」
      という少女アニメが子供の頃やっていて、とても楽しそうでうらやましく見ていた。
      いつか日本の南に住んでやろうと思い続けたが、実際に生活してみないと分からないものだ。
      一年中Tシャツで過ごせるような場所が夢だったが、石垣の冬は年々寒く感じる。
      もっと赤道のほうへ行かないといけないようだ。夢見た国がどこだか知らないけれど
      考えてみたらマンガなのだから、季節にあわせて服が変わったりするはずないよねえ。
      ストッキング磨き
      休日晴れていたので、ヤマハXSの調子を見ながら島内一周へ行く。
      展望所に2台のダビッドソンが止まっていたので、オーナー様にご挨拶した。
      ピカピカに磨かれていて眩しい。全国どこでも見かける光景となりましたね。
      なんと親子で乗っているらしく、ツーリングしてそばを食べに行くとか。
      すごいキレイですけど、どうやって磨いてます?とおじさんのほうに聞くと
      「ストッキングがいいよ」とのお答え。
      棒で奥まで突っ込めてホコリや汚れを捉えやすいそうだ。へえ〜と感心したが
      中年のオッサンが、太った奥さんの伸びてヨレヨレになった捨てモモヒキを手に
      一所懸命に磨いている姿は、想像してなんとも可笑しくなった。
      息子さんと連絡先を交換した後、また走りに行きましょうと会話して別れた。
      帰ったらさっそく磨いてみようと思ったが、はっとして気付いた。
      独身男性にはそのストッキングを入手することが一番難しいのです!
      OLのお姉さんなどを彼女に探すしかあるまい。石垣一周より遠い道のりである。

      9月21日林道ツーリング

      0
        日曜日晴れ。カーテンを開けたら青空が広がっていて喜び起きる休日。
        今日は月イチのツーリング日。集合場所のコンビニへ行くと誰一人いなかった。
        そういえば学校の運動会シーズンだっけ。独身モノは暇なわけだ。
        前に誘っておいた女の子も全く来る様子がない。(これはいつものこと)
        こんなことなら工場長たちと海に行けばよかったのに〜と悔やむ。
        ちくしょー海に向かって石コロ投げたくなった。
        ローリングストーン
        崎枝の灯台へふらりと行く。ここ来るたびに「石はいつ転がるだろう」と眺める。
        先日の台風のおかげで、傾きがちょっと進んでいるような気がしないでもない。
        ダイビング船が近くに見えるけど、波や潮流で危なくないのかな。
        海難事故が多いこの場所で潜ってるけど、足を引っぱられたりしないのだろうか。
        崎枝林道
        人から聞いていた崎枝の林道へ行ってみた。崎枝の小学校近くに入り口がある。
        初めて入る道は「この先どうなってんだろ」とわくわくしますね。
        レシプロの飛行機みたいな音を上げて、坂道をズンズン登って行く。
        緑のトンネル
        山頂近くを走っているので眺めが素晴らしい。車も全く来ないのでのんびり走る。
        展望台なんてあったら誰か誘ってお茶しに来るのだが、待避所ばかりでベンチ一つも無い。
        ん〜気が利かないねえ市長、日陰で休みたいんですけど。何の目的で道路作ったんだろうと考える。
        落石注意
        落ち葉が積もっているコーナーを慎重に進む。落石していたり崖崩れもあったので気をつけるべし。
        色んな種類の鳥やチョウチョが舞っていた。緑のトンネル道は涼しくて気持ちが良い。
        うす暗くて背中がぞわぞわする場所もあったが「失礼します」と静かに通る。
        転倒する
        写真を撮ろうとして離れたら、バイクが勝手に倒れてガードレールとごっつんこ。
        ああっーと慌てたら、ハンドルバーが動いて小傷だけで済んだ。ラッキー。
        ここからは竹富島の全体が見える。小浜島と西表島も眺められます。
        原付のレンタルバイクでも充分通れますのでぜひ行ってみて下さい。
        冒険気分な日曜日。

        6月29日ON SUNDAY

        0
          日曜日晴れ。先日知り合いの人が、オランダ人のヨット乗りを店に連れて来た。
          通訳してくれて分かったのだが、どうやら船外機の燃料コネクターを探しているらしい。
          そのオランダ人が「ヤマハ・・・○×△☆・・・エンデューロ!」と言ったので
          は?エンデューロったらバイクで山道を走ることを言うんでなくって??と混乱したが
          「あ、イエスイエス、エンデューロ!」と適当に笑顔で答えて、コネクターをささっと渡してお金を頂いた。
          あとから聞いた話で詳しいことは調べてないが、海外では船外機を指す名称のひとつらしい。
          確かに道が無くても山も林でも走っちゃうバイクと、海でも湖でも場所を問わず
          持ち運んで使える船外機は用途が似ているもんねー。
          いや〜知らなんだ、頑張れ日本人。これではNHKの英会話番組「とっさのひとこと」の
          ダメな例にでてくるおっさんと一緒ではないか!
          にちよ待ち
          休みの日、起きてカーテンを開ける時は青空を期待する。
          昨日準備しておいたCL72を引っぱりだして早朝から走りに行く。
          交換したステップが嬉しくて気分よく走る。途中、新空港の建設現場に止めて、工事っぷりを見てみた。
          日曜の朝なのにガガガーと重機が響く。この音で起こされたくないよなあ。
          あんがや
          自然のきれいな色も、掘り返したら全てこういう暗い色になるんですね。平成24年に完成予定。
          次はサザンゲート向こうの埋立地に人工ビーチを作る予定が決まったとか。
          個人的な意見ですが、これ以上自然を壊さないで欲しいと、ただそれだけ願う。
          空港といえば飛行機の階段を降りてから、建物までの送迎バス。
          石垣空港を使ったことのある方は分かると思うが、あのバスは無駄ですってー。
          行き先知らず
          カラ岳を行く。朝の涼しい風が気持ちよくて穏かな気分になってくる。
          どこまで続いてるのか、重い車体と深いわだちに気を使いながらのんびり走る。
          休みの日はこういう静かなところにいると、いろんな事が浮かんで考える。
          人間寄り集まって生活して、世の中狭すぎるのではないかと。
          例えば、互いの家が100キロ離れているとしたら?
          会えただけで嬉しいから、人はもっともっと他人に優しくなれると思う。
          大草原の小さな男
          現実には自分もハト小屋の一角みたいな、狭いアパート暮らしなんですけどね。
          なーんにもない自然の中へ行くと考え変わったり、ひらめいたりする。
          この後デコボコで倒れそうになり、ふんばったら股間がバレリーナ状態に。
          つ〜めちゃ痛かった。オフ用ブーツ欲しいなー。
          野に咲く〜
          草原を歩いていたら、野生のバラを見つけた。
          そういえば家のアパートで育てていたミニバラはすっかり枯れてしまった。
          バラは栄養や水を与えすぎてはいけないらしい。放っておくくらいが良いそうだ。
          もーそれ早く言ってほしかったよオバちゃん。懸命に手入れしとったじゃないの。
          もし咲くまで育て続けられたら、その花を贈ろうと思ってた人がいたので残念。
          このブログをたぶん見ていると思うから、この写真で代わりにして贈りまーす。
          人工で育てるより、自然の中で咲いてたほうがきれいだよね。
          竹富沖
          昼から海へ連れていってもらう。風が強かったので竹富の近いところでアンカーを降ろす。
          船の上に寝そべって、海と空を眺めていると、これまた穏かな気分になる。
          島の方を見ると、あんなに小さい所にみんな寄せ集まって住んで、何やってんだかなあ。
          大きな空を眺めていると、人なんてちっぽけに思えて細かいことなどどーでもよくなってくる。
          人は時にはからっぽになることも大事。また新しいことを吸収できる。
          仕事や周りのことで頭いっぱいになってる人は、陸から離れてみることをおすすめします。
          はや夕暮れ
          あっという間に日が暮れる。日焼けした背中がヒリヒリする。
          赤茶色く焼けてお肌テカテカなもんだから、夜中に外を歩いていたら「ゴキブリみたい」と人に言われた。
          そうやって終える休日はいかがですか?今日はバイクに乗って船にも乗って満腹定食。
          人に何と言われても、男の子は乗り物に乗っていれば日々是好日なり。

          4月27日ダム湖と天空

          0
            日曜日晴れ。何も用事もなく自由な一日。天気が良いのでお散歩に出かける。
            普段よく走る海沿いではなく、行ったことのない道を求めて山の方へ向かう。
            牛の群れを横目に見てたら犬に追っかけられたりして、行き着いたのが名蔵ダム。
            誰もいなくて静かなところ。エンジンのタペットやカムチェーン音がより賑やかに響く。
            名蔵ダム
            山奥のダムってなぜか寂しい感じがする。誰かと来ればよかったと少し後悔。
            やっぱり独り身の男がモテるためには、クルマは必要だなあと思う。
            デートにドライブに雨の日の送り迎えなど、特に田舎者には必須アイテムではないかと。
            雨に弱い旧車に、一人乗りのスポーツバイクとマリンジェット。全く役立たずである。
            気が付くとこうなっていた訳で、まあこれも独身のうちだけと思うことにしとこ。
            クルマより〜見た目より〜心意気〜♪
            望遠鏡
            白いキノコが遠くに見えたので行ってみると国立天文台の望遠鏡だった。
            試しにとバイクを置いてみたが、比較にならないくらい巨大。
            デカイわりには結構なスピードで回転するので驚く。見たことない人は必見である。
            同じものが鹿児島、岩手、小笠原にもあって、同時に観察することによって
            見かけ上は日本列島と同じ位の大きさの望遠鏡に匹敵するそうだ。
            パンフレットを見ながら、ううむと唸る。中にいた研究者の人に詳しい話を聞こうと訊ねたら
            いま観測が終わったばかりで手が離せませんと追い返されてしまった。およよ、また来よう。
            その夜は星を見上げながらランニング。いつもより小さな星まで見える気がした。


            calendar

            S M T W T F S
            1234567
            891011121314
            15161718192021
            22232425262728
            293031    
            << October 2017 >>

            @bmishigaki

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM